ニュース

臨時報告書

2017年10月2日

当社100%子会社であるCelartem Inc.が、資本剰余金を払い戻すことを決定しましたので、臨時報告書を提出いたしました。
臨時報告書
pdficon_large
 

第22期有価証券報告書

2017年9月27日

第22期有価証券報告書pdficon_large

第22回定時株主総会決議ご通知

2017年9月27日

第22回定時株主総会決議ご通知pdficon_large

第22回定時株主総会招集ご通知

2017年9月11日

第22回定時株主総会招集ご通知pdficon_large

社長挨拶を更新

2017年8月30日

社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
 

平成29年6月期概況補足説明資料

2017年8月30日

平成29年6月期概況補足説明資料pdficon_large
 

米国Celartem Inc. LizardTech部門とExtensis部門はPortfolio™2017の地理空間データのデジタル資産管理を最適化

2017年7月19日

当社米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門は、この度Extensis部門と、地理空間データに最適化された最初のデジタル資産管理(DAM)ソリューションであるPortfolio™2017を発表しました。 Portfolio™2017を使用すると、圧縮されたMrSID®ファイルを含む地理空間データセットと、関連するグラフィックスやドキュメントを簡単に整理、アクセス、共有できます。Extensis部門によって開発されたDAMソリューションであるPortfolio™に、地理空間データ管理機能を追加することで協力しました。

15年以上にわたり、政府機関、企業、大学、図書館、博物館などたくさんの施設が、Portfolio™を利用してデジタル資産を集中管理してきました。 DAMソリューションは、写真、ビデオ、地図、オーディオファイル、Adobe®CreativeCloud®アプリケーション、およびMicrosoft®Officeドキュメントのインデックスとカタログを作成します。

Portfolio™2017は、複数のネットワーク、ドライブ、コンピュータにファイルが保存されている場合でも、衛星、航空機、UAVプラットフォームでキャプチャされた画像、LiDAR、ビデオデータに企業全体のユーザーが即座にアクセスできるようにします。

本プレスリリースの詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。
 

米国Celartem Inc. Extensis部門は、Portfolio ™2017をリリースしました

2017年7月19日

当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、業界で最も使用可能で柔軟性が高い、Extensis Portfolio™2017をリリースしました。 2016年に発表されたFile Compression、Zoom Technology、Geo-Referencing、Map Views、Rights Management、画像認識機能の進歩など、強力な新機能を導入し、DAMの高い効率性を組織全体および新しい業界にもたらします。

2016年に発表されたFile Compression、Zoom Technology、Geo-Referencing、Map Views、Rights Management、画像認識機能の進歩など、強力な新機能を導入し、DAMの高い効率性を組織全体および新しい業界にもたらします。

Portfolio™2017は、高品質のファイル圧縮、強力なズーム、マッピング機能を導入することで、次のレベルへと推進しています。これらの機能は、伝統的なDAM市場の新たな可能性を開き、地理空間、インフラストラクチャ、交通、観光、農業、工学などの新しいワークグループや業界にDAMの価値を拡大します。

本プレスリリースの詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。
 

臨時報告書

2017年6月30日

当社の会計監査人である東京第一監査法人が監査法人やまぶきと合流したため、会計監査人の異動に関する臨時報告書を提出いたしました。
臨時報告書
pdficon_large
 

社長挨拶を更新

2017年4月28日

社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
 

平成29年6月期第3四半期概況補足説明資料

2017年4月28日

平成29年6月期第3四半期概況補足説明資料pdficon_large
 

社長挨拶を更新

2017年3月24日

社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
 

平成29年6月期第2四半期概況補足説明資料

2017年3月24日

平成29年6月期第2四半期概況補足説明資料pdficon_large
 

第22期半期報告書

2016年3月25日

第22期半期報告書pdficon_large
 

自己株式取得の結果に関するお知らせ

2016年12月5日

自己株式取得の結果に関するお知らせpdficon_large
 

社長挨拶を更新

2016年10月31日

社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
 

平成29年6月期第1四半期概況補足説明資料

2016年10月31日

平成29年6月期第1四半期概況補足説明資料pdficon_large
 

第21期有価証券報告書

2016年9月28日

第21期有価証券報告書pdficon_large

第21回定時株主総会決議ご通知

2016年9月28日

第21回定時株主総会決議ご通知pdficon_large

第21回定時株主総会招集ご通知

2016年9月9日

第21回定時株主総会招集ご通知pdficon_large

自己株式取得に関するご案内(公告)(平成28年9月29日~平成28年11月30日)

2016年8月29日

自己株式取得に関するご案内(公告)(平成28年9月29日~平成28年11月30日)pdficon_large
 

社長挨拶を更新

2016年8月29日

社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
 

平成28年6月期概況補足説明資料

2016年8月29日

平成28年6月期概況補足説明資料pdficon_large
 

平成28年6月期第3四半期概況補足説明資料

2016年4月28日

平成28年6月期第3四半期概況補足説明資料pdficon_large
 

第21期半期報告書

2016年3月25日

第21期半期報告書pdficon_large
 

平成28年6月期第2四半期概況補足説明資料

2016年3月25日

平成28年6月期第2四半期概況補足説明資料pdficon_large
 

社長挨拶を更新

2016年3月25日

社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
 

米国Celartem Inc. Extensis部門は、Portfolio ™2016のアップデート版をリリースしました

2016年2月3日

エクステンシスのデジタル資産管理ソリューションPortfolio ™2016の新アップデートは、デジタル資産を共有するため高度にカスタマイズされ、ブランディングされたポータルを構築します。

当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、あらゆる規模の企業やワークグループが効率的に作成、利用を管理するのに役立つように設計されたデジタル資産管理(DAM)システム、Portfolio ™2016の新しいアップデートをリリースしました。

誰もがオンラインで安全にデジタル資産を共有するためのサイトを構築することを迅速かつ容易にし、チームが外部でファイルを共有する必要がある企業のために、Portfolio ™2016はPortfolio NetPublishというモジュールを提供ます。

今回のアップデートで、Portfolio NetPublishサイトでは、企業ブランドにマッチし、タマイズされたルック&フィールのデジタルアセットポータルのために高度なカスタマイズ機能を提供します。 お客様は、カスタマイズされたPortfolio NetPublishのテーマを構築し、サーバー上の任意のサイトに割り当てることができます。シンプルに一度だけそれを構築し、誰もがそれを使用することができます。

本プレスリリースの詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。
 

米国Celartem Inc. Extensis部門は、新しいPortfolio ™2016はあらゆる規模の企業のデジタル資産管理に対応すると発表

2015年11月3日

新しいモジュラー価格構成は、中小企業のためのデジタル資産管理が達成可能になり、 強力な新機能は、企業のニーズの規模にフィットします。

米国Celartem Inc. Extensis部門は、Portfolio ™2016を発表しました。
バージョン管理、資産チェックアウトとチェックイン、ファイルロックと安全な保管、Portfolio ™2016ターボチャージコンテンツ配信ワークフローなどの強力な新機能により、デジタル資産を安全に管理します。

本プレスリリースの詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。
 

社長挨拶を更新

2015年10月30日

社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
 

平成28年6月期第1四半期概況補足説明資料

2015年10月30日

平成28年6月期第1四半期概況補足説明資料pdficon_large
 

第20期有価証券報告書

2015年9月25日

第20期有価証券報告書pdficon_large

第20回定時株主総会決議ご通知

2015年9月25日

第20回定時株主総会決議ご通知pdficon_large

第20回定時株主総会招集ご通知

2015年9月9日

第20回定時株主総会招集ご通知pdficon_large

平成27年6月期概況補足説明資料

2015年8月24日

平成27年6月期概況補足説明資料pdficon_large
 

米国Celartem Inc. Extensis部門は、バーミンガム大学において採用されたPorfolioにより、画像の検索と共有が劇的に効率が向上したと発表

2015年5月5日

デジタル資産管理をどのように使用して、デジタルコンテンツを最大限に活用し、効率性を獲得するかを共有した

当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、バーミンガム大学(以下UCB)においてデジタル資産管理ソリューションのため、PortfolioとPortfolio NetPublishが採用されたことを発表しました。

19世紀後半を起源にさかのぼると、大学のデジタル資産のコレクションは数千にもおよびます。管理システムがなければ、その部門全体のデジタル資産を検索し共有しようとして、多くの時間と費用を失っていました。デジタル資産を一元化し、配布するDAMシステムを見つけることは、UCBの効率にとって非常に重要でした。

ケーススタディとして、UCBは彼らのマーケティング部門がどのようにPortfolioを利用しているかを共有しました。
・デジタル資産管理全体の一元化
・カタログと多くの異なる方法でタグをつけて見つけやすくする
・素早く目録から最新のイメージで不足しているところを確認することができる
・デジタル資産共有するための、安全なおよびダイナミックなウェブサイトを迅速に作成するためのPortfolioのモジュールで、他部署とWeb上で簡単にデジタル資産を共有することができる

本プレスリリースの詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。
 

平成27年6月期第3四半期概況補足説明資料

2015年4月30日

平成27年6月期第3四半期概況補足説明資料pdficon_large
 

北京誠信が北京電力工程協会第一回理事会第二次会議に参加

2015年4月29日

2015年4月28日、北京電力工程協会が主催で、「北京電力工程協会第一回理事会第二次会議」開かれました。国家能源局華北監管局局長、同局の資格処処長・副処長及び15社の企業が理事として参加。北京誠信能環科技有限公司が協会の理事として当会議に出席しました。


本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。

20130624
 
 

北京誠信が「中関村影響力トップ100社」に再入選

2015年4月14日

北京誠信能環科技有限公司は2012年に「中関村影響力トップ100社」に入選、そして再び2013年-2014年度「中関村企業信用育成総百計画-影響力トップ100社」に選ばれました。
これは人民銀行営業管理部・北京市経済及び情報化委員会・中関村科技園区管理委員会の主催で行われているもので、北京誠信は中関村科技園区に登録されている革新的高水準の技術をもつ企業であり、創業以来、信用管理、創新能力及び業界における影響力などの高評価を得て、二度も連続し、「中関村影響力トップ100社」に受賞されています。

*「中関村企業信用育成総百計画」とは、中国国務院の「中関村国家自主創新示範区の建設に関する基準」を徹底する一環として、中関村企業信用のブランドを育て、会社を主体、信用を基礎、市場を動向とする企業信用と金融資源を有効的に結合する科技型中小企業融資発展の道を開拓するものです。「信用総百計画」に入選された会社は中関村科技園区管理委員会により実施されている担保融資・ロン・信用保険及び貿易融資・少額融資などの優遇政策の対象となります。

本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。

20130624
20130624
 
 

第20期半期報告書

2015年3月23日

第20期半期報告書pdficon_large
 

社長挨拶を更新

2015年3月20日

社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
 

平成27年6月期第2四半期概況補足説明資料

2015年3月20日

平成27年6月期第2四半期概況補足説明資料pdficon_large
 

米国Celartem Inc. Extensis部門は、自動パブリッシングでフォント配信を合理化するための戦略的パートナーシップを発表

2015年3月18日

パートナー企業vjoonは業界をリードするパブリッシングプラットフォームにフォント管理を統合

当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、ドイツ、ハンブルグを拠点とし、デジタルコンテンツを管理するためのソリューションの開発大手vjoon®が同社の提供するパブリッシングプラットフォームへフォント管理機能をインテグレーションするとのと、戦略的パートナーシップの提携を発表しました。

vjoonK4®はクリエイティブとエディトリアルチームのため効率的に協力する理想的なクロスメディアパブリッシングプラットフォームとして世界的に有名です。
コンデナスト·インターナショナル、ヒューバートブルダメディア、BASF、レッドブルメディアハウスと世界中の企業、そしてvjoonK4®を使ったより多くの印刷、Web、タブレットやモバイル用のコンテンツに活用されています。
フォント管理ソリューションを20年以上提供するCelartem Inc. Extensis部門では、フォントコレクションを集中管理し、ハイリスクなコンプライアンスの問題から組織を保護するのに役立ちます。これによりチームが創造的なプロセスに集中することができ、フォント管理の自動化をサポートします。

本プレスリリースの詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。
 

米国Celartem Inc. LizardTech部門は、iOS 用GeoViewerのアップデート版をリリース

2015年2月9日

当社米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門は、この度、地理空間画像とベクトルオーバーレイを表示するための無料のiOS 用GeoViewerアプリケーションのアップデート版をリリースしました。

iOS 用GeoViewerは、iPhoneおよびiPad touchのユーザーが、自分のモバイルデバイス上でMrSIDおよびJPEG2000画像を表示するアプリケーションです。
GeoViewerは、測定ツール、画像帯域選択などを含み、最新のリリースではブックマークやベースマップの無料サポートが含まれています。
さらにウェブマップサービス(WMS)画像、面積測定、および住所検索を表示するような追加機能を購入することもできます。


本プレスリリースの詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。
 

米国Celartem Inc. Extensis部門は、Portfolio™のアップデート版をリリース

2015年2月2日

当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、あらゆる規模の企業が手頃なコストでデジタル資産管理(DAM)システムを構築することができる、Portfolio™のアップデート版をリリースいたしました。

もともとは2014年10月にリリースされ、ガイド付き検索機能、Elasticsearch® technologyによりミリ秒の検索結果、洗練された新しいユーザーインターフェースでエレガントなサムネイルビューを搭載したユーザーエクスペリエンスを提案しました。

今回のバージョン1.5のリリースは、Apple® OS X® Yosemite (v10.10)と高度なレポートオプションとの完全な互換性を追加。
自分のファイルがどのように使用されているかを詳細に学びたいユーザーのニーズに応えて、Extensisは誰がいつダウンロードしたのか、最もダウンロードされたデジタル資産がどれなのかというような貴重な使用データの提供など、ファイル使用状況データの新しいレポートオプションを追加しました。
レポートではデジタル資産を追跡、使用傾向を分析し、最も重要な時にクリエイティブチームの集中できるようにエクスポートすることができます。

さらにExtensisは、Portfolio NetPublish®にElasticsearch technologyのパワーを拡張し、Portfolio™のウェブポータル上で光のような速さで結果を出すようにしました。
またバージョン1.5は、コピーをインポート更新し、変換し、デジタル資産のエクスポートの効率を向上させる機能を追加、Portfolio™全体の処理能力を高め、より効率的になりました。

本プレスリリースの詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。
 

米国Celartem Inc. Extensis部門は、新しいデジタル資産管理のベストプラクティスガイドをリリース

2015年1月21日

当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、デジタル資産管理ソフトウエア導入を最適化し、デジタル資産管理ソフトウエアを選択するための、ベストプラクティスガイドをリリースいたしました。
デジタル資産管理(DAM)システムを検討する企業に、ベストプラクティスガイドではシステムの選択なためのフレームワークを提供し、
  • ・誰が基準を決定し、運用開始するか。

  • ・最初から成功するシステムの構築の仕方。

  • ・インフラ分析やワークフローの発見など選択基準を開発する支援の手順。

  • ・選択基準を開発するための構成

  • ・ROIを計算するためのツール

  • ・システムを評価するためのヒント

  • ・システムを評価するためのヒント

  • ・クラウド上の洞察と前提システム

  • ・サードパーティのコンサルタントを選択する上でのアドバイス

  • をサポートします。

    デジタル資産管理(DAM)システムの実装を検討している企業へ、現在のシステムを最大限に、または単にデジタル資産管理のための効率的な方法を見つけるために、ベストプラクティスガイドを提供いたします。
  • ・効率的なワークフローの定義

  • ・フォルダ階層の作成

  • ・命名規則の作成と使用

  • ・メタデータスキーマの定義

  • ・キーワードへのアプローチ


  • ベストプラクティスガイドでは、ROI計算とメタデータ計画ツールなどを使った、実際のサンプルを多数ご用意しています。

    本プレスリリースの詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    社長挨拶を更新

    2014年10月28日

    社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
     

    平成27年6月期第1四半期概況補足説明資料

    2014年10月28日

    平成27年6月期第1四半期概況補足説明資料pdficon_large
     

    米国Celartem Inc. Extensis部門は、Suitcase Fusion® 6をリリース

    2014年10月21日

    <モダンなデザインのワークフローにしっかりとフィットするように設計された新しいフォントマネージャー、クラウドベースのサービスを経由してアーカイブフォントコレクションへ>

    当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、Suitcase Fusion® 6をリリースいたしました。
    クリエイティブなワークフローに直接フォントを統合、検索可能な場所にフォントコレクションを管理することにより、デザイナーがプロフェッショナルなフォントマネージャーを最大級に活用することができます。
    先週リリースされたApple® OS X® Yosemiteと互換性があり、業界で最も人気のあるデザインアプリケーションをサポート、Suitcase Fusion® 6はデザイナーが必要とするすべての場所で必要なフォントツールに瞬時にアクセスすることが可能です。

    <新バージョンの主な機能>

    Apple® OS X® Yosemiteとの互換性:Apple® がリリースしたばかりのOS X® Yosemiteをサポート。

    現代のワークフローに最適化:Suitcase Fusion® 6はデザイナーのワークフローにしっかりとフィットするよう設計されています。Adobe® Creative Cloud® 2014アプリケーションやエレガントで鮮明な高解像度のフォントプレビュー用に最適化されます。

    高速で信頼性の高いアクション:Suitcase Fusion® 6はAdobe Photoshop®, Adobe InDesign® 、Adobe Illustrator®、QuarkXPress®を含むAdobe Creative Cloud 2014 のアプリケーションのためのプラグインとパネルを自動的にアクティブに活性化させます。

    クラウドベースのアーカイブとDropbox™、 Google® Drive™をサポート。デザイナーは創造性をオフにすることはありません。いつでもどこでもインスピレーションを発揮します。多くのデザイナー達はDropboxやGoogleアカウントを使って同期中のフォント収集を維持することができるでしょう。Suitcase Fusion® 6はクラウドベースのアーカイブを備えた複数のワークスペース間でコレクションを簡単に転送、復元することができます。

    Fontspiration®の強化:Suitcase Fusion 6はFontspiration®により、さらなるクリエイティブなインスピレーションを加速します。新しいFontspiration®パネルは鮮明な印刷のサンプルをSuitcase Fusion® のインターフェイスに直接配信します。Fontspiration®はクリエイティブなインスピレーションを搾りとるため別のツールとして、QuickComp(フォントの比較機能)を利用します。

    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    About the Author