ニュース

米国Celartem Inc. LizardTech部門とExtensis部門はPortfolio™2017の地理空間データのデジタル資産管理を最適化

2017年7月19日

当社米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門は、この度Extensis部門と、地理空間データに最適化された最初のデジタル資産管理(DAM)ソリューションであるPortfolio™2017を発表しました。 Portfolio™2017を使用すると、圧縮されたMrSID®ファイルを含む地理空間データセットと、関連するグラフィックスやドキュメントを簡単に整理、アクセス、共有できます。Extensis部門によって開発されたDAMソリューションであるPortfolio™に、地理空間データ管理機能を追加することで協力しました。

15年以上にわたり、政府機関、企業、大学、図書館、博物館などたくさんの施設が、Portfolio™を利用してデジタル資産を集中管理してきました。 DAMソリューションは、写真、ビデオ、地図、オーディオファイル、Adobe®CreativeCloud®アプリケーション、およびMicrosoft®Officeドキュメントのインデックスとカタログを作成します。

Portfolio™2017は、複数のネットワーク、ドライブ、コンピュータにファイルが保存されている場合でも、衛星、航空機、UAVプラットフォームでキャプチャされた画像、LiDAR、ビデオデータに企業全体のユーザーが即座にアクセスできるようにします。

本プレスリリースの詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。  

米国Celartem Inc. Extensis部門は、Portfolio ™2017をリリースしました

2017年7月19日

当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、業界で最も使用可能で柔軟性が高い、Extensis Portfolio™2017をリリースしました。 2016年に発表されたFile Compression、Zoom Technology、Geo-Referencing、Map Views、Rights Management、画像認識機能の進歩など、強力な新機能を導入し、DAMの高い効率性を組織全体および新しい業界にもたらします。

2016年に発表されたFile Compression、Zoom Technology、Geo-Referencing、Map Views、Rights Management、画像認識機能の進歩など、強力な新機能を導入し、DAMの高い効率性を組織全体および新しい業界にもたらします。

Portfolio™2017は、高品質のファイル圧縮、強力なズーム、マッピング機能を導入することで、次のレベルへと推進しています。これらの機能は、伝統的なDAM市場の新たな可能性を開き、地理空間、インフラストラクチャ、交通、観光、農業、工学などの新しいワークグループや業界にDAMの価値を拡大します。

本プレスリリースの詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。  

臨時報告書

2016年6月30日

当社の会計監査人である東京第一監査法人が監査法人やまぶきと合流したため、会計監査人の異動に関する臨時報告書を提出いたしました。
臨時報告書 pdficon_large
 

社長挨拶を更新

2017年4月28日

社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
 

平成29年6月期第3四半期概況補足説明資料

2017年4月28日

平成29年6月期第3四半期概況補足説明資料pdficon_large
 

社長挨拶を更新

2017年3月24日

社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
 

平成29年6月期第2四半期概況補足説明資料

2017年3月24日

平成29年6月期第2四半期概況補足説明資料pdficon_large
 

第22期半期報告書

2016年3月25日

第22期半期報告書pdficon_large
 

自己株式取得の結果に関するお知らせ

2016年12月5日

自己株式取得の結果に関するお知らせpdficon_large
 

社長挨拶を更新

2016年10月31日

社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
 

平成29年6月期第1四半期概況補足説明資料

2016年10月31日

平成29年6月期第1四半期概況補足説明資料pdficon_large
 

第21期有価証券報告書

2016年9月28日

第21期有価証券報告書pdficon_large

第21回定時株主総会決議ご通知

2016年9月28日

第21回定時株主総会決議ご通知pdficon_large

第21回定時株主総会招集ご通知

2016年9月9日

第21回定時株主総会招集ご通知pdficon_large

自己株式取得に関するご案内(公告)(平成28年9月29日~平成28年11月30日)

2016年8月29日

自己株式取得に関するご案内(公告)(平成28年9月29日~平成28年11月30日)pdficon_large
 

社長挨拶を更新

2016年8月29日

社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
 

平成28年6月期概況補足説明資料

2016年8月29日

平成28年6月期概況補足説明資料pdficon_large
 

平成28年6月期第3四半期概況補足説明資料

2016年4月28日

平成28年6月期第3四半期概況補足説明資料pdficon_large
 

第21期半期報告書

2016年3月25日

第21期半期報告書pdficon_large
 

平成28年6月期第2四半期概況補足説明資料

2016年3月25日

平成28年6月期第2四半期概況補足説明資料pdficon_large
 

社長挨拶を更新

2016年3月25日

社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
 

米国Celartem Inc. Extensis部門は、Portfolio ™2016のアップデート版をリリースしました

2016年2月3日

エクステンシスのデジタル資産管理ソリューションPortfolio ™2016の新アップデートは、デジタル資産を共有するため高度にカスタマイズされ、ブランディングされたポータルを構築します。

当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、あらゆる規模の企業やワークグループが効率的に作成、利用を管理するのに役立つように設計されたデジタル資産管理(DAM)システム、Portfolio ™2016の新しいアップデートをリリースしました。

誰もがオンラインで安全にデジタル資産を共有するためのサイトを構築することを迅速かつ容易にし、チームが外部でファイルを共有する必要がある企業のために、Portfolio ™2016はPortfolio NetPublishというモジュールを提供ます。

今回のアップデートで、Portfolio NetPublishサイトでは、企業ブランドにマッチし、タマイズされたルック&フィールのデジタルアセットポータルのために高度なカスタマイズ機能を提供します。 お客様は、カスタマイズされたPortfolio NetPublishのテーマを構築し、サーバー上の任意のサイトに割り当てることができます。シンプルに一度だけそれを構築し、誰もがそれを使用することができます。

本プレスリリースの詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。
 

米国Celartem Inc. Extensis部門は、新しいPortfolio ™2016はあらゆる規模の企業のデジタル資産管理に対応すると発表

2015年11月3日

新しいモジュラー価格構成は、中小企業のためのデジタル資産管理が達成可能になり、 強力な新機能は、企業のニーズの規模にフィットします。

米国Celartem Inc. Extensis部門は、Portfolio ™2016を発表しました。
バージョン管理、資産チェックアウトとチェックイン、ファイルロックと安全な保管、Portfolio ™2016ターボチャージコンテンツ配信ワークフローなどの強力な新機能により、デジタル資産を安全に管理します。

本プレスリリースの詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。
 

社長挨拶を更新

2015年10月30日

社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
 

平成28年6月期第1四半期概況補足説明資料

2015年10月30日

平成28年6月期第1四半期概況補足説明資料pdficon_large
 

第20期有価証券報告書

2015年9月25日

第20期有価証券報告書pdficon_large

第20回定時株主総会決議ご通知

2015年9月25日

第20回定時株主総会決議ご通知pdficon_large

第20回定時株主総会招集ご通知

2015年9月9日

第20回定時株主総会招集ご通知pdficon_large

平成27年6月期概況補足説明資料

2015年8月24日

平成27年6月期概況補足説明資料pdficon_large
 

米国Celartem Inc. Extensis部門は、バーミンガム大学において採用されたPorfolioにより、画像の検索と共有が劇的に効率が向上したと発表

2015年5月5日

デジタル資産管理をどのように使用して、デジタルコンテンツを最大限に活用し、効率性を獲得するかを共有した

当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、バーミンガム大学(以下UCB)においてデジタル資産管理ソリューションのため、PortfolioとPortfolio NetPublishが採用されたことを発表しました。

19世紀後半を起源にさかのぼると、大学のデジタル資産のコレクションは数千にもおよびます。管理システムがなければ、その部門全体のデジタル資産を検索し共有しようとして、多くの時間と費用を失っていました。デジタル資産を一元化し、配布するDAMシステムを見つけることは、UCBの効率にとって非常に重要でした。

ケーススタディとして、UCBは彼らのマーケティング部門がどのようにPortfolioを利用しているかを共有しました。
・デジタル資産管理全体の一元化
・カタログと多くの異なる方法でタグをつけて見つけやすくする
・素早く目録から最新のイメージで不足しているところを確認することができる
・デジタル資産共有するための、安全なおよびダイナミックなウェブサイトを迅速に作成するためのPortfolioのモジュールで、他部署とWeb上で簡単にデジタル資産を共有することができる

本プレスリリースの詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。
 

平成27年6月期第3四半期概況補足説明資料

2015年4月30日

平成27年6月期第3四半期概況補足説明資料pdficon_large
 

北京誠信が北京電力工程協会第一回理事会第二次会議に参加

2015年4月29日

2015年4月28日、北京電力工程協会が主催で、「北京電力工程協会第一回理事会第二次会議」開かれました。国家能源局華北監管局局長、同局の資格処処長・副処長及び15社の企業が理事として参加。北京誠信能環科技有限公司が協会の理事として当会議に出席しました。


本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。

20130624
 
 

北京誠信が「中関村影響力トップ100社」に再入選

2015年4月14日

北京誠信能環科技有限公司は2012年に「中関村影響力トップ100社」に入選、そして再び2013年-2014年度「中関村企業信用育成総百計画-影響力トップ100社」に選ばれました。
これは人民銀行営業管理部・北京市経済及び情報化委員会・中関村科技園区管理委員会の主催で行われているもので、北京誠信は中関村科技園区に登録されている革新的高水準の技術をもつ企業であり、創業以来、信用管理、創新能力及び業界における影響力などの高評価を得て、二度も連続し、「中関村影響力トップ100社」に受賞されています。

*「中関村企業信用育成総百計画」とは、中国国務院の「中関村国家自主創新示範区の建設に関する基準」を徹底する一環として、中関村企業信用のブランドを育て、会社を主体、信用を基礎、市場を動向とする企業信用と金融資源を有効的に結合する科技型中小企業融資発展の道を開拓するものです。「信用総百計画」に入選された会社は中関村科技園区管理委員会により実施されている担保融資・ロン・信用保険及び貿易融資・少額融資などの優遇政策の対象となります。

本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。

20130624
20130624
 
 

第20期半期報告書

2015年3月23日

第20期半期報告書pdficon_large
 

社長挨拶を更新

2015年3月20日

社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
 

平成27年6月期第2四半期概況補足説明資料

2015年3月20日

平成27年6月期第2四半期概況補足説明資料pdficon_large
 

米国Celartem Inc. Extensis部門は、自動パブリッシングでフォント配信を合理化するための戦略的パートナーシップを発表

2015年3月18日

パートナー企業vjoonは業界をリードするパブリッシングプラットフォームにフォント管理を統合

当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、ドイツ、ハンブルグを拠点とし、デジタルコンテンツを管理するためのソリューションの開発大手vjoon®が同社の提供するパブリッシングプラットフォームへフォント管理機能をインテグレーションするとのと、戦略的パートナーシップの提携を発表しました。

vjoonK4®はクリエイティブとエディトリアルチームのため効率的に協力する理想的なクロスメディアパブリッシングプラットフォームとして世界的に有名です。
コンデナスト·インターナショナル、ヒューバートブルダメディア、BASF、レッドブルメディアハウスと世界中の企業、そしてvjoonK4®を使ったより多くの印刷、Web、タブレットやモバイル用のコンテンツに活用されています。
フォント管理ソリューションを20年以上提供するCelartem Inc. Extensis部門では、フォントコレクションを集中管理し、ハイリスクなコンプライアンスの問題から組織を保護するのに役立ちます。これによりチームが創造的なプロセスに集中することができ、フォント管理の自動化をサポートします。

本プレスリリースの詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。
 

米国Celartem Inc. LizardTech部門は、iOS 用GeoViewerのアップデート版をリリース

2015年2月9日

当社米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門は、この度、地理空間画像とベクトルオーバーレイを表示するための無料のiOS 用GeoViewerアプリケーションのアップデート版をリリースしました。

iOS 用GeoViewerは、iPhoneおよびiPad touchのユーザーが、自分のモバイルデバイス上でMrSIDおよびJPEG2000画像を表示するアプリケーションです。
GeoViewerは、測定ツール、画像帯域選択などを含み、最新のリリースではブックマークやベースマップの無料サポートが含まれています。
さらにウェブマップサービス(WMS)画像、面積測定、および住所検索を表示するような追加機能を購入することもできます。


本プレスリリースの詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。
 

米国Celartem Inc. Extensis部門は、Portfolio™のアップデート版をリリース

2015年2月2日

当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、あらゆる規模の企業が手頃なコストでデジタル資産管理(DAM)システムを構築することができる、Portfolio™のアップデート版をリリースいたしました。

もともとは2014年10月にリリースされ、ガイド付き検索機能、Elasticsearch® technologyによりミリ秒の検索結果、洗練された新しいユーザーインターフェースでエレガントなサムネイルビューを搭載したユーザーエクスペリエンスを提案しました。

今回のバージョン1.5のリリースは、Apple® OS X® Yosemite (v10.10)と高度なレポートオプションとの完全な互換性を追加。
自分のファイルがどのように使用されているかを詳細に学びたいユーザーのニーズに応えて、Extensisは誰がいつダウンロードしたのか、最もダウンロードされたデジタル資産がどれなのかというような貴重な使用データの提供など、ファイル使用状況データの新しいレポートオプションを追加しました。
レポートではデジタル資産を追跡、使用傾向を分析し、最も重要な時にクリエイティブチームの集中できるようにエクスポートすることができます。

さらにExtensisは、Portfolio NetPublish®にElasticsearch technologyのパワーを拡張し、Portfolio™のウェブポータル上で光のような速さで結果を出すようにしました。
またバージョン1.5は、コピーをインポート更新し、変換し、デジタル資産のエクスポートの効率を向上させる機能を追加、Portfolio™全体の処理能力を高め、より効率的になりました。

本プレスリリースの詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。
 

米国Celartem Inc. Extensis部門は、新しいデジタル資産管理のベストプラクティスガイドをリリース

2015年1月21日

当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、デジタル資産管理ソフトウエア導入を最適化し、デジタル資産管理ソフトウエアを選択するための、ベストプラクティスガイドをリリースいたしました。
デジタル資産管理(DAM)システムを検討する企業に、ベストプラクティスガイドではシステムの選択なためのフレームワークを提供し、
  • ・誰が基準を決定し、運用開始するか。

  • ・最初から成功するシステムの構築の仕方。

  • ・インフラ分析やワークフローの発見など選択基準を開発する支援の手順。

  • ・選択基準を開発するための構成

  • ・ROIを計算するためのツール

  • ・システムを評価するためのヒント

  • ・システムを評価するためのヒント

  • ・クラウド上の洞察と前提システム

  • ・サードパーティのコンサルタントを選択する上でのアドバイス

  • をサポートします。

    デジタル資産管理(DAM)システムの実装を検討している企業へ、現在のシステムを最大限に、または単にデジタル資産管理のための効率的な方法を見つけるために、ベストプラクティスガイドを提供いたします。
  • ・効率的なワークフローの定義

  • ・フォルダ階層の作成

  • ・命名規則の作成と使用

  • ・メタデータスキーマの定義

  • ・キーワードへのアプローチ


  • ベストプラクティスガイドでは、ROI計算とメタデータ計画ツールなどを使った、実際のサンプルを多数ご用意しています。

    本プレスリリースの詳細はこちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    社長挨拶を更新

    2014年10月28日

    社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
     

    平成27年6月期第1四半期概況補足説明資料

    2014年10月28日

    平成27年6月期第1四半期概況補足説明資料pdficon_large
     

    米国Celartem Inc. Extensis部門は、Suitcase Fusion® 6をリリース

    2014年10月21日

    <モダンなデザインのワークフローにしっかりとフィットするように設計された新しいフォントマネージャー、クラウドベースのサービスを経由してアーカイブフォントコレクションへ>

    当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、Suitcase Fusion® 6をリリースいたしました。
    クリエイティブなワークフローに直接フォントを統合、検索可能な場所にフォントコレクションを管理することにより、デザイナーがプロフェッショナルなフォントマネージャーを最大級に活用することができます。
    先週リリースされたApple® OS X® Yosemiteと互換性があり、業界で最も人気のあるデザインアプリケーションをサポート、Suitcase Fusion® 6はデザイナーが必要とするすべての場所で必要なフォントツールに瞬時にアクセスすることが可能です。

    <新バージョンの主な機能>

    Apple® OS X® Yosemiteとの互換性:Apple® がリリースしたばかりのOS X® Yosemiteをサポート。

    現代のワークフローに最適化:Suitcase Fusion® 6はデザイナーのワークフローにしっかりとフィットするよう設計されています。Adobe® Creative Cloud® 2014アプリケーションやエレガントで鮮明な高解像度のフォントプレビュー用に最適化されます。

    高速で信頼性の高いアクション:Suitcase Fusion® 6はAdobe Photoshop®, Adobe InDesign® 、Adobe Illustrator®、QuarkXPress®を含むAdobe Creative Cloud 2014 のアプリケーションのためのプラグインとパネルを自動的にアクティブに活性化させます。

    クラウドベースのアーカイブとDropbox™、 Google® Drive™をサポート。デザイナーは創造性をオフにすることはありません。いつでもどこでもインスピレーションを発揮します。多くのデザイナー達はDropboxやGoogleアカウントを使って同期中のフォント収集を維持することができるでしょう。Suitcase Fusion® 6はクラウドベースのアーカイブを備えた複数のワークスペース間でコレクションを簡単に転送、復元することができます。

    Fontspiration®の強化:Suitcase Fusion 6はFontspiration®により、さらなるクリエイティブなインスピレーションを加速します。新しいFontspiration®パネルは鮮明な印刷のサンプルをSuitcase Fusion® のインターフェイスに直接配信します。Fontspiration®はクリエイティブなインスピレーションを搾りとるため別のツールとして、QuickComp(フォントの比較機能)を利用します。

    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    当社及び当社元代表取締役に対する刑事裁判の判決について

    2014年10月21日

    当社及び当社元代表取締役池田修(以下、「池田」といいます。)に対する金融商品取引法違反被告事件について、2013年4月12日、東京地方裁判所において有罪判決が言い渡され、当社及び池田の控訴に対しても、2014年1月17日、東京高等裁判所において、控訴を棄却する旨の判決が言い渡されておりました。当社及び池田は、この判決を不服として上告しておりましたが、同年10月16日、最高裁判所において、上告が棄却されました。
      当社としては、当社の主張が認められず、極めて遺憾でありますが、今後とも社員一同、業績の向上を目指し、引き続き業務を行って参ります。株主及び関係者の皆様方には、ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんでした。  

    第19期有価証券報告書

    2014年9月26日

    第19期有価証券報告書pdficon_large

    第19回定時株主総会決議ご通知

    2014年9月25日

    第19回定時株主総会決議ご通知pdficon_large

    第19回定時株主総会招集ご通知

    2014年9月5日

    第19回定時株主総会招集ご通知pdficon_large

    社長挨拶を更新

    2014年8月25日

    社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
     

    平成26年6月概況補足説明資料

    2014年8月25日

    平成26年6月概況補足説明資料pdficon_large
     

    代表取締役の異動に関するお知らせ

    2014年8月25日

    代表取締役の異動に関するお知らせpdficon_large
     

    米国Celartem Inc. Extensis部門は、Portfolio Server™ 11の新しいモバイルアプリケーションPortfolio Flow ™1.5をリリース

    2014年5月28日

    <App Store℠で、iPhone®, iPad®, iPod touch®, にダウンロードできるアプリ、Portfolio Flow ™1.5をリリースし、動作イメージをYouTubeにて公開しました。> 当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、2013年12月にリリースされたPortfolio Server™ 11の新しいモバイルアプリケーションPortfolio Flow ™1.5をリリース。 素早く簡単にモバイル端末から直接デジタル資産管理をPortfolio Server™ 11にアップロードでき、クリニーク、エール大学、ロッキード・マーチンやアマゾンなどの顧客にデジタル資産管理ソリューションとして利用されています。 Portfolio Server™ 11とPortfolio Flow ™を組合わせることにより、顧客はオフィスの中でも外出先でもデジタル資産を管理、共有、検索する包括的なソリューションを実現。 Portfolio Flow ™は多くの場合、外出先で働く多くの従業員がいる大規模な基盤をもっている産業に特に有用で、それらは政府機関や軍隊、クリエイティブ、スポーツやリテール、教育機関、建築関係など多岐に渡ります。 最新のPortfolio Flow ™1.5では ・合理化されたユーザーインターフェイスで、より効果的に選択、タグをつけることが可能 ・オーディオサポートにより、音声を取り込み、アップロードすることができます ・新しいデジタル資産が到着したときに、DAM管理者向けの通知をアップロード ・すでにアップロードされているかを確認するためのビジュアルを提供、履歴をアップロード ・Wi-Fi接続時のみでアップロードを許可できる設定
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。Portfolio Flow ™1.5、動作イメージをYouTubeにて公開しました。こちらをご覧ください。
     

    米国Celartem Inc. Extensis部門のUniversal Type Server®を、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が採用

    2014年4月30日

    <Universal Type Server®がユネスコの言語文書部門におけるITの問題を80%軽減> 当社米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門は、この度、Universal Type Server®を、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が採用したと発表しました。 これによりユネスコは、行政の論文や出版物の組織を設計するために使用される、3,000ものフォントライブラリーを管理することが可能になりました。 ユネスコは、フォント分布とパリベースの言語とドキュメント部門で使用するフォントのライセンスを管理するために、Universal Type Server®を使用しています。 3,000フォントのライブラリーで、ユネスコの効率性と創造性を維持しながら、クリエイティブチームにフォントを配布するシステムを持っていることが不可欠です。また、正しいフォントと同期して、法的にチームを維持することが重要です。 フォントの法的遵守は事業に不可欠であることを知り、ユネスコはこのプロセスを管理するための優れた機能を持つUniversal Type Server®を選択しました。 加えて、彼らがフォントを必要とするとき、チームが正しいフォントにアクセスすることが保証され、単一のサーバ上で3,000のフォントをホストする能力があるUniversal Type Server®をを選択しました。 ユネスコがUniversal Type Server®を選択した詳細は、こちら(英文)をご覧ください。こちらをご覧ください。
     
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    社長挨拶を更新

    2014年4月30日

    社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
     

    平成26年6月期第3四半期決算補足説明資料

    2014年4月30日

    平成26年6月期第3四半期決算補足説明資料pdficon_large
     

    米国Celartem Inc. Extensis部門は、クラウド環境へPortfolioサーバーを移行するお手伝いをします

    2014年3月25日

    <顧客がAmazon WebサービスでExtensis®のデジタル資産管理ソリューションを利用するための移行サービスを提供します> 当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、クラウド環境へのポートフォリオサーバーを移行する、新たなプロフェッショナルサービスの提供を発表しました。 限られたITリソースを持つ企業のために、この新しいサービスは、運用に継ぎ目がなくスムーズに、完全にクラウドベースの環境下でどのようにデジタル資産管理のワークフローをチームが習得するかにおいて、最適化することを確実にします。顧客は依然として、クラウド・コンピューティングに関連する効率を得ながら、デジタル資産の完全なコントロールを維持します。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    米国Celartem Inc. LizardTech部門は、ASPRS 2014 Annual Conferenceに出展します

    2014年3月24日

    当社米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門は、この度、ケンタッキー州ルイビルで行われるASPRS 2014 Annual Conferenceに出展します。 展示会では最近発売されたExpress Server® 9を展示します。Express Server®はマルチスペクトル(RGB以外の赤外線情報など)画像を含む圧縮されたラスタ画像のための、主要な画像配信ソフトです。 Express Server®の最新版では、ウェブブラウザから画像をエクスポートするための、ExpressZipウェブアプリケーションが装備されています。 これはビジュアルの品質を下げることなく、ストレージコストの削減、画像のロード時間の短縮、何千もの画像を扱う要求を処理するための特許技術を使用しています。 さらに改善された最新版の機能は、Express Server®の新しいバージョンをインストールする際に、ユーザーがカタログ(画像用の画像セット)の更新を手動でする必要がなく、全てのカタログを移行するプロセスを自動的に行います。 加えてExpress Server®は、ラスタ画像の配信を高速化するなどのArcGIS Serverなどのサードパーティアプリケーションと統合されています。 LizardTech部門はさらに、レーザー光線を使用した精度の高いリモートセンシング(遠隔測量)手法により生成される大容量データの圧縮や業界標準ファイルフォーマットであるMrSIDファイルへの変換をするLiDAR Compressor™や、地理空間情報システムの専門家が、衛星および虚空画像を圧縮し、操作するために利用するGeoExpress®を展示します。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    第19期半期報告書

    2014年2月28日

    第19期半期報告書pdficon_large
     

    社長挨拶を更新

    2014年2月27日

    社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
     

    平成26年6月期第2四半期決算補足説明資料

    2014年2月27日

    平成26年6月期第2四半期決算補足説明資料pdficon_large
     

    米国Celartem Inc. Extensis部門は、Suitcase Fusion 5のアップデート版をリリース

    2014年2月19日

    新しいパネルは水晶玉を覗き込むように、フォントの未来、過去、現在を見通します。 更新は高速フォント指定のためQuickCompのコレクションを倍増 この最新のアップデートは、最先端の書体をショーケースの様に見せるFontspiration™パネルにより、デザインインスピレーションを呼び起こします。 また、アップデートではQuickComp™テンプレートのコレクションを倍増、Suitcase Fusion™ 5に導入された新機能により、デザイナーが迅速な実験や、印刷またはウェブテンプレートのペアの書体にすることが可能です。  
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    米国Celartem Inc. LizardTech部門は、最新版Express Server® 9を発表

    2014年2月4日

    当社米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門は、この度、Express Server® 9を発表しました。 Express Server®はマルチスペクトル(RGB以外の赤外線情報など)画像を含む圧縮されたラスタ画像のための、主要な画像配信ソフトです。 これはビジュアルの品質を下げることなく、ストレージコストの削減、画像のロード時間の短縮、何千もの画像を扱う要求を処理するための特許技術を使用しています。 Express Server®の最新版では、ウェブブラウザから画像をエクスポートするための、ExpressZipウェブアプリケーションが装備されています。 ユーザーはロケーションやキーワード、投影により全てのコレクションとクエリを眺めることができます。 もしユーザーが外出先で自分の画像を使う必要がある場合は、興味のある領域をエクスポートするため、組み込みの選択ツールを使用することができます。 ExpressZipウェブアプリケーション全体はオープンソースで、完全にカスタマイズ可能です。 「 Expressサーバは、標準的なプロトコルを使用して、圧縮され、高解像度のラスタイメージを配布するには、最も速く、最も安定し、最も簡単な方法です」と製品管理ディレクターのジョン・スキフィントンは話し、「そして今ExpressZipで、当社のユーザーは1ヵ所およびウェブブラウザのエクスポート画像から、自分のコレクション全てにアクセスできるようになります。」と言います。 さらに改善された最新版の機能は、Express Server®の新しいバージョンをインストールする際に、ユーザーが数千のカタログの更新を手動でする必要がなく、全てのカタログを移行するプロセスを自動的に行います。既存の画像カタログを再作成する必要もなく、代わりに管理者は単純に既存のカタログのデータベースにExpress Server®を指定して、更新をクリックするだけです。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    上告についてのお知らせ

    2014年1月30日

    本年1月17日に東京高等裁判所より言い渡されました、金融商品取引法違反事件の判決(控訴棄却)に対し、本日、当社は最高裁判所に上告を申立ました。

    以上

     

    米国Celartem Inc. Extensis部門は、Web Font Whitepaperをリリース

    2014年1月21日

    当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、大容量のウェブトラフィックがある企業向けユースのためのWeb Fontに関するホワイトペーパーをリリースしました。 Web Fontに関するホワイトペーパーはウェブフォントサービスを利用する利点と、プロバイダーを評価する時何が考慮されるべきかを企業が理解するのに役立ちます。 ウェブフォントサービスは独立したデザイナーおよび開発者によって一般に利用されていますが、視覚的なロゴブランドで十分にビジターを惹きつけるクオリティーや、信頼性の高いウェブフォントを必要する大企業の間でも興味が高まっています。
    • 企業の主要な課題
    • それは複雑なマトリックスです
    • 全てのフォントが利用可能なウェブライセンスとは限らない
    • いくつかの利用可能なものでも、厳格なライセンス要件がある
    • 1つずつウェブフォントのライセンスを購入したり、ほとんどの企業が必要とする規模のセルフホスティングでは、多くの場合、リソースのドレインになったり、加えてかなり高価である
    Web Fontに関するホワイトペーパーはライセンスの問題をユーザーの代わりに処理し、最速配信可能なフォントファイルを最大限活用されるウェブフォントサービスと連携させることによって、どのように企業が課題を克服するかを示しています。 さらに数百万人のビジターが利用する多国籍で多言語のサイトでは、特別な配慮が求められています。 最も顕著なのは、地理の超高速ページ読込み、使用可能時間によって損なわれないこと、ブラウザ間で矛盾のない適合性、及び全てのプラットフォームとデバイス間で高品質な経験です。 Web Font Whitepaperは、特にスピード、信頼性、柔軟性を最大限に活用するウェブフォントサービスであることを説明しています。。  
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    当社及び当社代表取締役に対する刑事裁判の判決について

    2014年1月20日

    当社及び当社代表取締役池田修(以下、「池田」といいます。)に対する金融商品取引法違反被告事件について、2013年4月12日、東京地方裁判所において有罪判決が言い渡され、当社及び池田は、これを不服として控訴しておりました。しかしながら、2014年1月17日、東京高等裁判所において、当社及び池田の控訴を棄却する旨の判決が言い渡されました。 当社としては、当社の主張が認められず、極めて遺憾でありますが、今後については、判決文も検討した上で、対応を決定する予定です。

     

    米国Celartem Inc. Extensis部門は、Portfolio Server™ 11の新しいモバイルアプリケーションPortfolio Flow ™をリリース

    2013年12月10日

    <App StoreとGoogle Play Storeからダウンロードでき、外出先でもPortfolio Flow ™でデジタル資産管理を実現> 当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、検索可能なメタデータを使用してPortfolio Server™ 11と連動したデジタル資産管理を可能にする、新しいモバイルアプリケーションPortfolio Flow ™をリリースしました。 Portfolio Flow ™はApp StoreとGoogle Play Storeから無料でダウンロードでき、iPhone ® iPad®、 iPod touch®、 Android™ 4.xで利用できます。 Portfolio Flow ™を使って、迅速かつ簡単にPortfolio Server™ 11にモバイルデバイスから直接デジタル資産をアップロードすることを実現したこれらのシステムは、Clinique(クリニーク)、Ames Construction(エイムズ建設)、 Yale University(エール大学)、Lockheed Martin(ロッキードマーティン)、 Bermuda Department of Tourism(バミューダ観光)、 San Diego Chargers(サンディエゴ チャージャーズ NFL)、 Amazon(アマゾン)などの顧客に利用されています。 Extensis部門のエンジニアリングディレクターである、チャド・スレーターは、「Extensisはモバイルデバイスへのデジタル資産管理を拡張するための迅速な解決のため、Portfolio Flow ™の開発を顧客と協力して作業しました。シンプルな選択、タグ、アップロードそして設定の完了。とても簡単にできます。」と言及しています。  
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    米国Celartem Inc. Extensis部門は、Suitcase Fusion 5とUniversal Type Client 4のアップデートをリリース

    2013年11月19日

    当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、Suitcase Fusion 5とUniversal Type Client 4のアップデートをリリースしました。このアップデートではフォント管理のワークフローにおいて、Adobe® Creative Cloud™ユーザーがTypekitデスクトップ用アプリケーションに直接アクセスすることができます。 マウスを数回クリックするだけで、創造的なクリエーターが迅速に、検索、タグ、プレビューを見つけて、Extensisの’プロのフォント管理ソリューションからTypekitのデスクトップ用フォントを選択することができます。 プロダクトソリューションのフォントマネージャーである、クリス・メイヤーは「我々の使命は、クリエイティブチームが何百、何千の取捨選択作業がある彼らのフォントデザインワークにおいて、ひとつの場所に彼らが望むフォント管理コマンドセンターを作成することです。」と説明しています。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    控訴審についてのお知らせ

    2013年11月11日

    当社及び当社代表取締役池田修に対する金融商品取引法違反被告事件について、 2013年11月8日、東京高等裁判所において、第1回の弁論が開かれ、当社らは、控訴趣意書を提出し、結審しました。 判決言渡期日は、2014年1月17日午後3時からと指定されました。

    以上

     

    社長挨拶を更新

    2013年10月24日

    社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
     

    平成26年6月期第1四半期決算補足説明資料

    2013年10月24日

    平成26年6月期第1四半期決算補足説明資料pdficon_large
     

    北京誠信能環科技有限公司が北京市東城区暖房改造工事に積極的に参画

    2013年10月18日

    北京誠信能環科技有限公司は2013年9月、北京市東城区暖房改造工事のプロジェクトを正式に開始しました。暖房改造工事とは、北京の都市中心にある平屋家屋の暖房装置の原料を石炭から電気へ変えていくプロジェクトをいいます。 これは北京市政府が省エネの観点から、都市環境建設を推進するための重点なプロジェクトでもあります。 北京市政府の指導及び各関連部門のもとで、北京市電力会社は市政府と力を合わせて、2003年から2012年までの改造工事を通して、合わせて約18万トンの石炭と約26万キロの二酸化硫黄の排出を削減しました。これは省エネ排出削減の面で、明らかな効果を実現しました。 2013年の市政府の全体的な計画によりますと、東城区家屋に対して暖房改造工事の実施を継続し、今年年末までに、天壇と建国門など地区の2万7千世帯の住民は電気による暖房を使えるようになるということです。今年暖房が必要となる前に、東城区は全部の暖房改造工事を完成する予定です。また11万5千世帯の住民を環境的にクリーンな暖房設置を提供し、区内での「石炭による暖房ゼロ」を実現させます。 北京誠信能環科技有限公司は暖房改造工事に積極的に参画しており、2013年暖房改造工事を実施する際の、厳しい工期、狭い作業区域、高い安全性の実現、困難な工事などのニーズをクリアし、2012年の暖房改造工事の経験を活かしながら、優れた技術と能力で、北京市電力会社の指導のもと、工事を推進しています。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。
     
     

    米国Celartem Inc. Extensis部門は、最新版Universal Type Server 4を発表

    2013年10月1日

    <Adobe® Creative Cloud™のためのフォントオートアクティベーションプラグイン®のように法的リスクの軽減のため強化されたライセンスの管理> 当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、組織内でのフォントの管理、整理、フォントライブラリ配布を行うプロフェッショナルグレードフォントサーバー最新版Universal Type Server 4を発表しました。 Adobe® Creative Cloud™のためのフォントオートアクティベーションプラグイン®のように法的リスクの軽減のため強化されたライセンスの管理や、容易で迅速なフォント選択のQuickComp™といった強力な新機能があります。Universal Type Server 4はフォントへのアクセスとそれらを効果的に使用する能力を進歩させました。 「大規模なフォントのコレクションを使用して作業する企業にとって、フォント管理のソリューションは効率のために重要なだけでなく、ライセンスパラメーターが法的地雷を明らかに誰も踏むことがないという保証をするためでもあります。」とフォント管理の製品マネージャー、クリス・メイヤーは言います。 Universal Type Server 4はフォント管理をシンプルに作成するために構築されているので、創造的なユーザーにとって最高のクリエイティブな作業に集中することができます。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    第18期有価証券報告書

    2013年9月27日

    第18期有価証券報告書pdficon_large

    第18回定時株主総会決議ご通知

    2013年9月26日

    第18回定時株主総会決議ご通知pdficon_large

    第18回定時株主総会招集ご通知

    2013年9月9日

    第18回定時株主総会招集ご通知pdficon_large

    米国Celartem Inc. LizardTech部門の今秋の展示会出展予定について

    2013年9月5日

    当社米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門は、この秋全米各地で開催される以下5つの展示会に出展いたします。 展示会では最新版GeoExpress ®9を含め、LizardTechの代表的な地理情報システム(GIS)製品のデモンストレーションや、質疑応答を予定しています。    
    • ・10月13日~16日: GEOINT Symposium(フロリダ州タンパ
         
        LizardTechでは、4倍速でインテリジェントエンコードを含むGeoExpress ®9の新機能を紹介するデモンストレーションを開催します。
        リザードテックはクラウドデータセット内で大きなポイントを占める効率的なMrSIDファイルのハイパフォーマンスな画像の生成と配信およびLiDAR(レーザー測量データ)データの圧縮ソフトウエアを行うExpress Serverを紹介します。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     
     

    社長挨拶を更新

    2013年8月23日

    社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
     

    平成25年6月期 決算補足説明資料

    2013年8月23日

    平成25年6月期 決算補足説明資料pdficon_large

    米国Celartem Inc. Extensis部門は、最新版Suitcase Fusion™ 5が、Adobe®のCreative Cloud™において、フォント管理機能をさらに拡大すると発表

    2013年7月9日

    <新機能として、フォントへの即時アクセスを提供、アプリケーション間の通信負荷の減少、これまで以上に迅速なプロトタイピングを実現> 当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、クリエイティブワークフローにおいて、フォントを直接的に統合するプロフェッショナルグレードのフォント管理ソフトSuitcase Fusion™の最新バージョンである、Suitcase Fusion™5について発表しました。 Adobe® Creative Cloud™およびQuickComp™へのフォントオートアクティベーションプラグイン®、高速フォントモックアップなどの強力な新機能を提供し、設計者は必要とする場所で、必要とするフォントツールに瞬時にアクセスすることが可能です。 Celartem Inc. Extensis部門の製品管理ディレクター、ダビン クラッツは「優秀なフォント管理は、全てのプロフェッショナルなデザイン作業において、余分な作業を増やすことなく、クリエイティブな作業に集中することができることを提供するものです。」と説明しています。 Suitcase Fusion™ 5はAdobe®の最近発売されたCreative Cloud™のアプリケーションへ、(InDesign®  Photoshop® Illustrator® InCopy®を含め)まったく新しいオートアクティベーションプラグインを提供します。 また、ウェブフォントサービスのWebINKとGoogle® Web Fontsへの接続により、Adobe®のアプリケーションでウェブフォントを使用することが容易です。 Suitcase Fusion™ 5は、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語で提供されています。 詳細については、http://www.extensis.com/suitcase-fusion/をご覧ください。 Suitcase Fusion™ 5のフォントコレクションの利用方法について、ジム キッドウェルがWebcastで7月25日に新機能をご紹介する予定です。  
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    米国Celartem Inc. Extensis部門が、zetcom社とコレクションマネジメントシステムにおけるデジタル資産管理で連携

    2013年6月18日

    当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、博物館やギャラリー、また文化遺産団体のコレクションにおける管理システムのサプライヤーの大手であるzetcom社と、協力することを発表しました。 Extensisとzetcom社が協力することにより、美術館や博物館で従来使用されてきたコレクションマネジメントシステム(CMS)ソフトウェアとデジタル資産管理ソフトウェア(DAM)を用いて、マーケットに対して、文化遺産など非常に貴重なコレクションのデジタルアーカイブを管理、保存する効率的で包括的ソリューションを提供することができます。CMSとDAMの連携は非常に画期的かつ重要なメソッドです。 コートールド美術研究所でデジタルメディアの担当責任者、トム・ビルソンは、2013年7月16日行われるWebcastにおいて、デジタルオブジェクトを保持するために、CMSとDAMをどのように使用するかを知ってもらうために、デモンストレーションを行う予定です。 また、「CMSは管理者の観点からオブジェクトを管理する意味で素晴らしいですが、デジタル資産としてのコンテンツを考慮するには至りません。zetcom社との関係を通じて、企業の組織でコレクションのオブジェクトに関連付けられているデジタル資産を、検索、管理、変換、および再利用することができます。」と担当者で副社長のアマンダ・ポールは述べています。 zetcom社の顧客は、コートールド美術研究所(イギリス)、ルーヴル美術館(フランス)、ベルリン州立博物館、ストックホルム国立美術館(スウェーデン)そしてウォレス・コレクション(イギリス)を含む世界中の有名な機関です。 Extensisは、企業がさらに組織全体でDAMの利点を活用するために、ITビジネスシステムとDAMの統合支援に焦点をあてています。 Extensisのポートフォリオサーバー(エンタープライズエディション)に含まれるAPIによって、開発者は顧客のコンテンツ管理、コレクション管理、さらに他のビジネスシステムとデジタル資産、メタデータを共有するためのカスタム統合を生成することができます。  
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    配電プロジェクトにおけるチームワーク発揮の例

    2013年5月29日

    北京誠信能環科技有限公司のマーケティング部門は配電プロジェクトで、社内においてチームワークが発揮されている例として、御馬坊配電プロジェクトの変圧器の運送作業の取材をしました。 2013年3月、配電室が地下一階にあるため、全ての設備は人力で地下へ移動させる必要があり、これは極めて難しい作業となりました。 マーケティング部門では、このプロジェクトの順調な遂行を維持するため、関連部門や設備メーカーと何度も打合せを重ね、運搬作業を安全かつ確実に完了することができました。 この結果、今後の更に複雑で大きなプロジェクトにも対応できる能力の基礎を築きました。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。
    20130624
     
     

    北京誠信能環科技有限公司が入社研修を実施

    2013年5月28日

    北京誠信能環科技有限公司は2013年1月、新入社員の入社研修を行い、 副社長および各部門の責任者が出席し、講義をしました。 今回の研修内容は、会社概要の説明や、人事制度、財務管理の流れ、行政管理制度の流れ、安全教育研修などです。 研修を通して、新入社員たちは北京誠信能環科技有限公司について知識を深め、気持ちを新たに今後の業務に取り組む姿勢を見せました。
     
    本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。
    20130625
     
     

    北京誠信能環科技有限公司が「北京市2013-2014年度納税信用Aレベル企業」を受賞

    2013年5月28日

    北京誠信能環科技有限公司は北京市において優良企業であることが評価され、北京市国家税務局及び北京市地方税務局より「北京市2013-2014年度納税信用Aレベル企業」を受賞しました。 この格付けは2年ごとに行われており、今回選ばれた企業は全市中で3,389社、わずか0.4%となります。 今回の評定は北京市国家税務局及び北京市地方税務局が納税企業の総合的な状況に対して評価するもので、その結果100点満点中95点以上、かつ未納の税金がない企業が「納税信用Aレベル企業」と判断されます。 受賞した企業は2013年度から2014年度まで通常の税務査察が免除や、領収書の購入•受取の手続きを簡略化する等の優遇措置を受けることができます。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。
     
     

    米国Celartem Inc. LizardTech部門が、オーストラリア企業と販売提携

    2013年4月29日

    当社米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門は、この度、オーストラリアの地理情報システム関連サービスプロバイダー、 Spatial Solutionsと販売提携をいたしました。今後は、Spatial Solutionsが当社の LiardTech部門の正規代理店として、オーストラリア市場において、中核製品GeoExpressを中心とした当社製品を販売していきます。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     
     

    社長挨拶を更新

    2013年4月26日

    社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
     

    平成25年6月期第3四半期概況説明資料

    2013年4月26日

    平成25年6月期第3四半期概況説明資料pdficon_large
     

    控訴申し立てについてのお知らせ

    2013年4月24日

    先日4月12日に東京地方裁判所より言い渡されました、金融商品取引法違反事件の有罪判決に対し、本日、当社は東京高等裁判所に控訴を申し立てました。

    以上

     

    北京誠信能環科技有限公司が「2011年度豊台テクノロジーパーク経済発展に貢献する企業」「2011年度『イノベーションの美』企業」を受賞

    2013年4月24日

    2013年3月21日、豊台テクノロジーパークで「中関村ナショナルイノベーションモデル地区豊台パーク作業会議」が開催され、中関村管理委員会メンバーの張茂盛氏、豊台区副区長、豊台テクノロジ―パーク管理委員会主任の張婕氏と企業代表らが出席。 会議では、改善と発展、科学技術成果のイノベーション、モデル地区の豊台テクノロジーパークへの発展に大いに貢献したことにより、北京誠信能環科技有限公司が「2011年度豊台テクノロジーパーク経済発展に貢献する企業」と、「2011年度『革新の美』企業」を受賞しました。 また斬新的で独特な経営理念により、北京誠信能環科技有限公司の総経理は「2011年度豊台テクノロジーパーク優秀企業家」を受賞しました。 さらに技術開発研究成果を評価され、北京誠信能環科技有限公司の研究開発部門の役員は「2011年度豊台テクノロジーパーク優秀科学技術人材」を受賞しました。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。
    _DSC6661ok
     
    _MG_7289ok
     

    米国Celartem Inc. LizardTech部門の今春の展示会出展予定について

    2013年4月15日

    当社米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門は、4月下旬から6月上旬にかけて全米各地で開催される以下7つの展示会に出展いたします。 それぞれの展示会では、中核製品である GeoExpress® や効率的に高精細画像を配信するExpress Server®、レーザー光線を使用した精度の高いリモートセンシング(遠隔測量)手法により生成される大容量データの圧縮や業界標準ファイルフォーマットであるMrSIDファイルへの変換をするLiDAR Compressor™を中心に全製品を紹介やプレゼンテーションを行います。          
    • ・5月23日:USGIF Tech Day(バージニア州レストン)
     
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     
     

    当社及び当社代表取締役らに対する刑事裁判の判決について

    2013年4月12日

    当社、当社代表取締役池田修(以下、「池田」といいます。)及び当社元取締役宮永浩明(以下、「宮永」といいます。)に対する金融商品取引法違反被告事件について、本日、東京地方裁判所において、以下の概要の有罪判決が言い渡されました。
    • 1.当社を罰金800万円に処する。
    • 2.池田及び宮永を懲役2年6月(執行猶予4年)に処する。
    • 3.池田及び宮永を罰金400万円に処する。
    当社としては、当社の主張が認められず、極めて遺憾でありますが、今後については、判決文も検討した上で、対応を決定する予定です。
    以上
     
     

    「WebINK」にフォント•サブセット機能を新たに追加

    2013年4月10日

    当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、この度、当社のWeb Fontサービス「WebINK」に、フォント•サブセット機能を新たに追加しました。 グローバルにビジネスを展開する企業の多くは、複数の言語のホームページを用意して情報発信をしています。こうしたグローバル企業がWeb Fontを活用する場合には、各言語のフォントを全て用意する必要があり、結果としてデータサイズが大きくなり、閲覧スピードが遅くなる問題がありましたが、この度のフォント•サブセット機能により、高い効率化が実現、フォントの表示スピードが格段に改善できます。 なお、作業自体もCSSの小さな修正のみで実現出来るため、グローバル企業のWeb Fontサービス導入もより容易になります。現在当社独自の研究開発とオープンソースを組み合わせて150言語を対応しています。 また、当社は、Web Fontサービスの普及と技術革新の促進を念頭に、この度のフォント•サブセット機能をオープンソースとして公開いたします。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    北京誠信能環科技有限公司が国家電力規制委員会の北京電力エンジニアリング協会の理事に

    2013年4月8日

    20130308827_new 2013年3月8日、北京電力エンジニアリング協会の第一回総会が開催され、協会の会長、副会長、理事、監督などが決定。 北京誠信能環科技有限公司は理事を務めることになりました。 北京電力エンジニアリング協会は北京の電力企業、関連企業、研究機関により設立された非営利団体です。 北京誠信能環科技有限公司は理事を務める企業として、協会の指導の下、技術革新を加速させ、高品質技術を提供することにより、広く社会に貢献する会社となるよう積極的に活動していきます。そして、北京電力エンジニアリング協会の発展と、首都のグリッド建設のため、全力をつくしていく所存です。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。
     

    デジタル資産管理ソフトの最新版『Portfolio Server 11』発売開始

    2013年4月2日

    当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、2013年4月2日よりデジタル資産管理ソフトの最新版である『Portfolio Server 11』の発売を開始したことを発表いたします。 この度発売を開始いたしました『Portfolio Server 11』では、導入の容易さやコストパフォーマンスを維持しつつ、ウェブクライアントのカスタマイズ機能やHDビデオなど様々なデジタル資産の管理機能およびApple® iPad®のサポートなどの新機能により、業界問わず様々なお客様がデジタル資産の管理を効率的且つ効果的に導入・運用・活用していただけます。 また、新たにアマゾン ウェブ サービス(AWS)の一つであるAmazon EC2やVMWare VSphereなどのクラウド環境上での動作をサポートしたことで、お客様の運用の幅がより広がります。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    米国Celartem Inc. LizardTech部門が、ASPRS 2013 Annual Conferenceに出展

    2013年3月25日

    当社米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門は、3月24日から28日に開催されるASPRS* 2013 Annual Conference(米国・メリーランド州)に出展をいたします。 当社は、中核製品であるGeoExpress® を中心に全製品を紹介するとともに、3月27日には、当社製品開発部長も「Commercial Software」というセッションにおいて当社の画像配信サーバーソフトExpress Server®のプレゼンテーションを行います。 *ASPRS: American Society for Photogrammetry and Remote Sensing
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    米国Celartem,Inc.Extensis部門が、ピクサー・アニメーション・スタジオのモーズリー氏を招いてウェブキャストを開催

    2013年3月20日

    当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、ウェブキャストを開催いたします。 ウェブキャストでは、当社フォント管理ソフトUniversal Type Serverのユーザーである、ピクサー・アニメーション・スタジオのクリエイティブチームで、フォント・エキスパートのモーズリー氏を招いて、Universal Type Serverがいかにピクサーのクリエイティブチームのフォント管理に役立っているか、また効果的な活用方法も説明いたします。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    北京市で電力運行保障会議を開催

    2013年3月1日

    北京市政府は2013年全国電力運行保障会議を行いました。 副市長の張氏が出席。会議では各県と区、関連の委員会、電力の企業に、積極的な計画と職責の明確化、電力網の運行の安全を確保することを求めました。 張副市長は、安定的で、品質が良く、高い効率の電力保障サービスを提供できるかどうかということは、都市全体の安全的な運行に関係し、また市民の健康的な生活にも関係があると表しました。 各県と区、各部門は、電力網の安全と、安定的な運転が更に重要と位置付け、必ずそれらを確保すること、また安全面での有効な危険防止措置を実行し、各駐在地の電力の安全な供給と、全市が正常に電力を使うことを確保することを強調しました。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。
     

    『人民日報』:新エネルギーの発展のため 内需市場の拡大が必要(経済時評)

    2013年3月1日

    2012年、中国の光伏(太陽光発電)産業の状況は厳しく、専門家によると、光伏(太陽光発電)企業の大きな損失と業界セグメントの全面的な下落の原因の一つは、生産能力過剰な国内の光伏(太陽光発電)産業と、製品輸出に対しての依存や、欧米市場に対しての依存であるとされました。 事実として、強大な国内市場に頼らなければ、中国の光伏(太陽光発電)産業は経済的好循環の道をたどることができず、また優良かつ持続的な発展を遂げることができないということを証明しました。 同様に、他の新エネルギー発電は、光伏(太陽光発電)産業を参考にして、事前に計画や準備がされるべきと考えられています。 2月27日、国家電網会社は光伏(太陽光発電)、風力発電、太陽エネルギー、天然ガス等の分散された電力が国家電網に集約されることを促進し、またその条件について特別な条件を提示し、最適な送電を提供することを承諾しました。 これらの政策は第1歩であり、政策の効果的な実行を確保すること、コストと収益のバランスを取ること、運用の高いハードルを下げること、合理的に計画を行うこと、これらはすべて関心を持って解決し続けるべき問題です。まずはよい第1歩を踏み、依然として重責かつ遠い道のりでありますが、新エネルギーの発展に対して貢献していくことが大切です。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。
     

    第18期半期報告書

    2013年2月28日

    第18期半期報告書pdficon_large
     

    変電・配電のソリューションプロバイダーは3000億元のスマートグリッド市場に期待

    2013年2月26日

    近年、国家プロジェクトは電力業界への投資を促進し、いくつかの大規模な項目を計画・承認し、電力業界の発展を加速しています。 今年上半期、全国の電力投資は17.8%の増加を遂げ、5402億元に達しました。 大まかには、資金の30%が変電・配電関係となりました。 変電•配電市場は「新進気鋭な事業」として、ソリューションプロバイダーは更に多くの電力市場をシェアする可能性に期待しています。 まず、スマートグリッドの建設、農村ネット改造プロジェクトの全面的な展開として、変電•配電市場に大きな市場規模を創出します。そして、特高圧線路などを重点に置くプロジェクトは次々と着工し、電力設備市場は拡大しつつあります。 最後に、軌道交通、空港、港、非鉄金属製錬などは、変電・配電解決方案のプロバイダーの主な市場となります。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。
     

    電力企業「海外進出」の最適時期、チャンスとチャレンジが共存

    2013年2月26日

    国家電網が海外産業を加速 「三年で三つのステップ」 国家電網は2008年にフィリピン電網の25年の特別な経営権(License)を修得し、2010年にブラジル7社において、送電権をもつ企業の100%の財産権を取得、2012年にポルトガル国家エネルギーネットワーク会社の25%の株式を買収しました。 「一年間で三つのM&A」 2012年、国家電網はポルトガル、スペイン、オーストラリアの株式を買収しました。 発電企業が海外の利益獲得ポイントを求める 華能集団はシンガポールの大士能源を買収し、シンガポールの25%の電力市場シェアを獲得しました。 また、華電集団はインドネシアで、中国以外で最大の火力発電に投資、建設しています。 そして、華電集団は中国とロシア両国の初めての大型エネルギー連携項目を推進しました。 国電集団は現在時点で41個の海外項目契約があり、その総額は16.5億元を超えました。 電力企業の海外へ進出チャレンジが軽視できない状況で、チャンスとチャレンジが共存するなか、更に経験を積む必要があり、また法律と制度保障体系を整える必要があります。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。
     

    「百項エネルギー消費効率基準推進プロジェクト」段階的な成果を遂げる

    2013年2月26日

    国務院の「省エネ・汚染物質排出削減の第12次5ヶ年計画」を実現させるため、2012年、国家発展改革委員会及び国家標準委員会は「百項エネルギー消費効率基準推進プロジェクト」を実施、2年以内で100項目の重要な省エネ基準を制定・改訂し、省エネと汚染物質排出削減を推進します。 2012年末時点で、「百項エネルギー消費効率基準推進プロジェクト」の関連部門を集め、54項目の国家基準を編成・公表しました。 現在までに、高エネルギー消費産業の強制性エネルギー消費効率基準及び端末エネルギー製品の強制的に実施するエネルギー消費効率基準と合わせて、109項目を発表しました。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。
     

    米国Celartem Inc. LizardTech部門が、ESRI Federal User’s Conference に出展

    2013年2月25日

    当社米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門は、2月25日から27日までワシントンDC(米国)で行われた、ESRI Federal User’s Conference に出展をいたしました。 ESRI Federal User’s Conferenceは、北米政府機関向けの製品や技術などに特化したカンファレンスであります。当社は、iPadやiPhoneに対応したGeoViewer製品を中心に当社GIS製品を紹介いたしました。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    社長挨拶を更新

    2013年2月19日

    社長挨拶を更新いたしました。詳細はこちら(リンク)
     

    平成25年6月期第2四半期概況説明資料

    2013年2月19日

    平成25年6月期第2四半期概況説明資料pdficon_large
     

    米国Celartem Inc. LizardTech部門が、International LiDAR Mapping Forum Conference (ILMF Conference)に出展

    2013年2月8日

    当社米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門は、2月11日から13日までデンバー(米国・コロラド州)で行われる、IILMF Conferenceに出展を致します。 IILMF Conferenceは、LiDAR(*注1)にフォーカスした国際的なカンファレンスであり、約70社のLiDAR関連製品・サービス企業が出展予定となっております。 その他、LiDARに関連した最新技術や業界動向などのカンファレンスや、モバイル環境でのマッピングシステムに特化したカンファレンスなども開催される予定となっており、当社は、LiDAR Compressorを中心にGIS製品を紹介いたします。 (*注1)LiDAR(ライダー)とは、Light Detection and RangingやLaser Imaging Detection and Rangingの略称であり、レーザー光線を使用した精度の高いリモートセンシング(遠隔測量)手法です。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    光伏(太陽光)発電の発展が全世界のスマート・グリッドへの投資ブームを活性化

    2013年2月6日

    過去2年間で電力基準修正のペースが加速し、グリッド建設と技術発展、特に超高圧建設とスマート・グリッド技術応用を融合した、インテリジェント変電所、配電、電気領域などの標準化を重点的に推進しました。 光伏発電では、光伏発電基準体系フレームの編成が次々と完成し、『光伏発電所の設計規範』、『光伏発電所の工事規範』、『光伏発電工事の査収規範』、『光伏発電所の電力システムへの接続の設計規範』、『光伏発電システムの配電グリッドへの接続の設計規範』、『光伏発電所の電力システムへの接続の技術規則』、『光伏発電システムの配電グリッドへの接続の技術規則』など光伏発電重要基準の編成が確立されました。 2012年世界のスマート・グリッド投資額が139億ドルで、地理的な分布でいうと、スマート・グリッド産業はアメリカの太陽光発電産業が一貫してリードしていることを表明、しかし2013年中国がその地位を手に入れました。それはある意味、中国政府のスマート•グリッド投資への強い意欲の顕れと言えます。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。
     

    2013年電力工作監督管理会議が北京で開催

    2013年2月6日

    1月10日、2013年電力監督管理工作会議は北京で電監会により開催され、党の第18回代表大会と中央経済工作会議精神を全面的に反映、実践し、2012年電力監督管理業務活動をまとめ、2013年の業務活動も決定しました。電監会党組書記、主席の呉新雄氏は会議でその報告を発表しました。
    20120206本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。
     

    全国エネルギー会議が北京で開催

    2013年2月6日

    1月7日、全国エネルギー工作会議が北京で開かれ、国家発展改革委員会主任の張平氏は会議に出席し、演説を行いました。 国家発展改革委員会副主任、国家エネルギー局局長の劉鉄男氏は「2012年エネルギー発展改革工作が着実に進む」と題し、報告を発表しました。 本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。
     

    米国Celartem,Inc.Extensis部門がニューヨークでシンポジウムを開催

    2013年1月15日

    当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、「The Evolution of Font Management」 (フォント管理の発展)と題し、2013年2月1日にニューヨークでシンポジウムを開催することを発表しました。 このシンポジウムでは、法務やIT部門向けにワークフローやリカバリーなど当社フォント管理ソリューションの活用を、実際に活用されているお客様の事例などを使って説明します。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    米国Celartem Inc. LizardTech部門が、GeoViewerのAndroid対応版をリリース

    2013年1月10日

    当社米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門は、Androidに対応した、GeoViewerアプリケーションの最新版をリリースしました。 今回のアップデートされた無償GeoViewerで、Androidデバイス上でGISの画像を表示することができ、リモートアクセスなどの利便性が大幅に向上します。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    Avenza System社が、米国Celartem Inc. LizardTech部門のMrSID®フォーマット生成機能を追加

    2013年1月7日

    当社米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門は、Avenza System社の提供するGeographic Imager®に、MrSID®フォーマット生成機能が追加されたこをと発表しました。 Avenza System社の提供するGeographic Imager®は、Adobe®Photoshop®に対応したワークフローなどを構築できるGISプラットフォームです。 これまで、当社のMrSID®ファイルの閲覧のみが可能でしたが、今回のリリースにより、Photoshop®上で直接MrSID®ファイルの生成が可能になります。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    北京誠信能環科技有限公司に、省エネサービス産業発展の調査研究のため、北京省エネ環境保全センター、北京エネルギー学会が来訪

    2013年1月7日

    2012年12月19日午後、当社中国子会社、北京誠信能環科技有限公司に北京省エネ環境保全センター副主任、北京エネルギー学会常務副会長兼秘書長を務める鄭拴虎氏、国務院発展研究センター社会発展研究部主任、北京エネルギー学会副会長を務める周宏春氏等9人が来訪、省エネサービス産業発展の調査研究を行いました。 IMG_8347
    本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。
     

    第四回「エネルギー・電力・発展」フォーラム開催

    2012年12月29日

    2012年11月25日、国家電網エネルギー研究員により主催された、第四回「エネルギー•電力•発展」フォーラム開催が北京にて開催されました。 フォーラムの主題は「転換期のエネルギー電力成長の動向を見る」ということで、政府部門、研究機構、エネルギー企業からの専門家200名近くがフォーラムに参加しました。中国エネルギー•電力発展状況、エネルギーパターンの変化及び新エネルギー発展などを議題として議論と交流が行われました。 本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。
     

    国家電網公司がスマートグリッド建設の推進を加速

    2012年12月29日

    国家電網公司は党組(拡大)会議を行い、中国共産党第18回代表、国家電網公司党組書記、最高責任者の刘振亚氏は、中国共産党第18回代表大会は「過去の成果を受け継ぎ、新しく発展させる大会である」と説明。 また、「中国共産党と国家事業のさらなる発展の方向を明らかに示し、国家電網公司の発展に対して重要な指導意義があり、会社の発展の道筋、戦略目標、「マクロのエネルギー観念」、「一特四大」(特高圧電網,大水力発電、大石炭発電、大原子力発電、大型可再生エネルギー発電基地)などの重要な戦略の指導は中央部署の要求かつ、科学的発展観であり、中国共産党第18回代表大会の精神にも合致しているということを実践で証明した」と強調。 *国家電網公司は世界最大の電力配送会社で、中国南部への配送を司る中国南方電網公司と共に、中国全土へ送電・変電・配電を行っています。 本プレスリリースの詳細は、こちら(中文リリース)をご覧ください。
     

    米国Celartem Inc. LizardTech部門が、GeoViewerのiOS対応版をリリース

    2012年12月13日

    当社米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門は、Avenza System社の提供するGeographic Imager®に、MrSID®フォーマット生成機能が追加されたこをと発表しました。 当社米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門は、アップルのiOSに対応した、GeoViewerアプリケーションの最新版をリリースしました。 今回のアップデートされた無償GeoViewerで、iPad、iPhone、およびiPod touchのユーザーはMrSID® とJPEG 2000フォーマットにより、GISの画像を表示することができます。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    米国Celartem,Inc.Extensis部門が、「24HourPhotoshop」イベントに参加

    2012年11月7日

    当社米国子会社Celartem Inc. Extensis部門は、MOGOメディアと共催により、2012年11月14日から15日に、オンラインでホストされる「24HourPhotoshop」イベントに参加することを発表しました。 このユニークなライブイベントでは、Adobe®Photoshop®での写真撮影およびLightroom®のヒントやテクニック、そして世界中から50人を超えるプロ写真家による100以上のセッションをオンラインで提供するものです。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    平成25年6月期第1四半期概況説明資料(未監査)

    2012年11月1日

    平成25年6月期第1四半期概況説明資料(未監査)pdficon_large
     

    平成24年6月期 決算補足説明資料

    2012年10月3日

    平成24年6月期 決算補足説明資料pdficon_large

    米国Celartem Inc. LizardTech部門が、GEOINT 2012に出展

    2012年10月2日

    当社米国子会社Celartem Inc. LizardTech部門は、10月9日から11日までオーランド(米国・フロリダ州)で行われている、GEOINT 2012シンポジウムに出展を致しました。 最近発売された、Express Server® 8のデモンストレーションなどを行う予定です。
    本プレスリリースの詳細は、こちら(英文リリース)をご覧ください。
     

    第17回定時株主総会決議ご通知

    2012年9月26日

    第17回定時株主総会決議ご通知 pdficon_large

    About the Author